初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

SwingTRUTM

ビッグデータに基づくスイングの解析

SwingTRUとは

「SwingTRU(スイングトゥルー)」はGOLFTECのレッスンのベースとなるビッグデータです。
GOLFTECではゴルフスイングを9つのポジションに分類し、各ポジションにおける肩と腰の回転・傾き、腰の上下・前後・左右の移動量などをモーションセンサーにより数値化してデータを集積しています。
ハンディキャップ30のゴルファーからツアープロまで13,000人以上のデータから、スキルレベルと特定ポジションでの体の動きに相関があることを発見しました。
この研究から導き出された、特にゴルファーのスキルレベルに直接相関する6つの動きを「SwingTRU」と名付け、ゴルフテック認定コーチはこの「SwingTRU」を活用することによりあらゆるレベルのゴルファーを効率的に上達へと導いています。

1.トップポジションにおける
Hip Sway(ヒップスウェイ)

Hip Swayとは
ターゲット方向、またはターゲットと逆方向への腰の横移動をインチ表示で表したもの。
(Toward:ターゲット方向、Away:逆方向)

以下のデータでは、上手なゴルファーほど腰のセンサーがターゲット方向に動いていることが示されています。
ツアープロはターゲット方向に3.9インチ(約10センチ)移動します。
このHip Swayは「正確性」や「飛距離」に影響します。

2.トップポジションにおける
Shoulder Tilt(ショルダーティルト)

Shoulder Tiltとは
両肩を結ぶラインが左右どちらに傾いているかを度数で表したもの。
(Left:左が低い、Right:右が低い)

以下のデータでは、上手なゴルファーほど肩のセンサーが左に傾いていることが示されています。
ツアープロは36度左が低くなります。
このShoulder Tiltは「正確性」や「ダフリやトップにならない当たりの安定性」に影響します。

3.インパクトポジションにおける
Hip Sway(ヒップスウェイ)

Hip Swayとは
ターゲット方向、またはターゲットと逆方向への腰の横移動をインチ表示で表したもの。
(Toward:ターゲット方向、Away:逆方向)

以下のデータでは、上手なゴルファーほど腰のセンサーがターゲット方向に動いていることが示されています。
ツアープロはターゲット方向に1.6インチ(約4センチ)移動します。
このHip Swayは「正確性」や「ダフリやトップにならない当たりの安定性」に影響します。

4.インパクトポジションにおける
Hip Turn(ヒップターン)

Hip Turnとは
ターゲットラインに対する腰の回転を度数で表したもの。
(Open:開いている、Close:閉じている)

以下のデータでは、上手なゴルファーほど腰の回転が多くOpenになっていることが示されています。
ツアープロは36度開きます。
このHip Turnは「飛距離」と「ダフリやトップにならない当たりの安定性」に影響します。

5.インパクトポジションにおける
Shoulder Tilt(ショルダーティルト)

Shoulder Tiltとは
両肩を結ぶラインが左右どちらに傾いているかを度数で表したもの。
(Left:左が低い、Right:右が低い)

以下のデータでは、上手なゴルファーほど肩のセンサーが右に傾いていることが示されています。
ツアープロは39度右が低くなります。
このShoulder Tiltは「正確性」や「ダフリやトップにならない当たりの安定性」に影響します。

6.フィニッシュポジションにおける
Shoulder Bend(ショルダーベンド)

Shoulder Bendとは
上半身の前傾、後傾を度数で表したもの。
(Forward:前傾、Back:後傾)

以下のデータでは、上手なゴルファーほど上半身が後傾していることが示されています。ツアープロは32度後傾します。
このShoulder Bendは「飛距離」や「ダフリやトップにならない当たりの安定性」に影響します。

まずは初回スイング診断で
ゴルフテックのレッスンを体験してください