コーチスキルアップの秘密 Teaching Quality第1回ゴルフスイングを修正する順番の基本ルール1

 こんにちは! TQ(Teaching Quality)を担当している菅田昌貴(すげた・まさたか)です。
新人コーチの育成と、全スタジオの既存コーチのスキルアップを目的として、コーチ研修機関であるGTU(GolfTEC University)を運営しています。
 今回はその第1回目として、ゴルフテック認定コーチが意識している基本ルールの考え方をご紹介いたします。

第1回 基本ルール1「スタート~フィニッシュ」

 今回は、そのGTUの中で受講生に教える内容の中の、「ゴルフスイングを修正する順番の基本ルール」の一部を紹介したいと思います。ゴルフテックでは、「一夜漬け的に調子を整える」とか「手先でごまかして球筋だけを修正する」というレッスンは基本的には行っておらず、時間はかかるかもしれませんが(かかります!)、「正しい動きが本当に身に付く(永久に繰り返せる)」という状態になることを重視しています。

スイングはまずどこから修正するのが良い?

Mサイズ

 ゴルフスイングを考える上での基本ルールは、「スタート~フィニッシュ」です。つまり、この写真のようにアドレスに問題がある場合は、まずアドレスから修正することから始めましょう。

 アドレスを修正したら自動的にバックスイングが修正され、インパクトも修正され、そして球筋も修正された、というのがベストであり、そうあるべきなのです。

 次にいくつか例を挙げてみましょう。

アドレスの○○を直したらスイングのココが修正される!

■肘の向きを○○にすれば、バックスイングの軌道とトップの位置が修正される。
■つま先の向きを○○にすれば、腰の回転が修正される。
■足の裏の中の○○で重心を支えれば、スウェイしなくなる。
■手の○指の力加減を変えれば、タメが出来るようになる。 ・・・など

【菅田コメント】Sサイズ
「上記の○に入る言葉は人それぞれ違いますので、あなたにとっての答えはスタジオで確認を!」


 形を修正するパターンと、形としてはほとんど変わらないけど意識する部分を修正するパターンの2パターンあります。ちなみに私がプレーヤーとして意識しているのはこの3つです。
1. 姿勢を良くすること
2. 左足で身体を支えるようにすること
3. ボールの左側を見ること

 上記3点の意識ポイントは、私個人の場合の「自分の悪い癖が出にくくなる、最善の意識ポイント」なのですが、各個人によってこのポイントは当然違ってきます。あなたに合わせた意識ポイントを見つけて、分かりやすく解説するのが、私たちゴルフテック認定コーチの役割となります。

 スイング診断を受講していただけましたら、詳しく分析して、改善方法までお伝えいたします。コーチは「スイング修正の順番の基本ルール」に則って、現在のあなたにピッタリのアドバイスをさせていただいております。

 改善したアドレスはこちら!
Mサイズ

プロフィール

菅田 昌貴
Masataka Sugeta

スタジオ統括マネージャー

  • ゴルフテック認定コーチ
  • 日本プロゴルフ協会ティーチングプロライセンス

初心者から上級者まで大歓迎です。 ゴルフテックで効率の良いシンプルスイングを身につけて、ゴルフを長く楽しみましょう!

ビデオメッセージを再生

記事一覧

関連記事

初回スイング診断[10,000円(税抜)]であなたのスイングを知ってください!

初回スイング診断[10,000円(税抜)]であなたのスイングを知ってください!

PAGE TOP