第13回:より多くのパットを決めるために

ヘッド軌道をチェックし改善するドリル

パッティングはゴルフを構成する重要な要素ですが、ダフリやトップ、シャンクなどのミスをすることはないので、あまり練習しないのかもしれませんね。 でも、「入る日は入るし、入らない日は入らない」と言って運がやってくるのを待っているだけではいつまでたっても上達しません。
カップインの確率を上げる魔法の一言はありませんので、影響する要素を一つ一つ改善していきましょう。
今回はヘッドの軌道についてです。

左の写真はバックスイングの軌道がインサイドすぎ、右の写真はアウトサイドすぎます。
ヘッド軌道がずれていると、当然のことながらボールが打ち出される方向に影響してきますから、今回紹介する練習ドリルを続けて、カップインの確率を上げましょう。
スタート前だけではなく、ラウンド後の練習もお忘れなく。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、TQ(Teaching Quality) と呼ばれる、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させているチーム より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第64回:3つのドリルでパッティングを改善

2021.07.29

テクニック

第63回:スライスになる理由を卓球のラケットとボールを使ってイメージしてみましょう

2021.07.08

テクニック

ミタナラバコウタロウ~100切り応援企画―ドライバー編

2021.06.30

イクイップメント(用品)