初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第13回:より多くのパットを決めるために

Use the Path Drill to improve putting stroke path

ヘッド軌道をチェックし改善するドリル

パッティングはゴルフを構成する重要な要素ですが、ダフリやトップ、シャンクなどのミスをすることはないので、あまり練習しないのかもしれませんね。
でも、「入る日は入るし、入らない日は入らない」と言って運がやってくるのを待っているだけではいつまでたっても上達しません。
カップインの確率を上げる魔法の一言はありませんので、影響する要素を一つ一つ改善していきましょう。
今回はヘッドの軌道についてです。

左の写真はバックスイングの軌道がインサイドすぎ、右の写真はアウトサイドすぎます。
ヘッド軌道がずれていると、当然のことながらボールが打ち出される方向に影響してきますから、今回紹介する練習ドリルを続けて、カップインの確率を上げましょう。
スタート前だけではなく、ラウンド後の練習もお忘れなく。

コーチ紹介

菅田 昌貴 Masataka Sugeta(Manager) TQ(Teaching Quality) チーム所属

菅田 昌貴
Masataka Sugeta(Manager)
TQ(Teaching Quality) チーム所属

TQ(ティーチングクオリティー)チームのマネージャーとして、新人コーチの育成、ベテランコーチのスキルアップ、アメリカGOLFTECとの連携や情報展開などを担当。2001年、PGAティーチングプロを当時史上最年少で取得。プロになった教え子も多数。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む