第53回:自宅でできるスライス修正ドリル

自宅でもスライスの修正はできます。

ゴルフの練習器具はたくさんあるので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
GOLFTECのコーチもクラブパス(クラブヘッドの軌道)やフェースの向きを改善するために器具を使いますが、キッチンにあるものでも練習できますよ。
今回はGOLFTECのBradがフォークを使ったドリルをご紹介します。

まずクラブを握って、フォークの先端が後方(ボールと逆方向)を指すように指の間に挟んでアドレスします。
そして、スイング中もずっとフォークの先端が後方(ボールと逆方向)を指しているようにします。
こうすることで、スイング中のクラブフェースが開くことなく、閉じた状態を保つことができるようになります。

もしフォークが前方を指してしまったら、フェースが開いている、つまりスライスになってしまうということになります。

フォークが指している方向に集中することで、クラブフェースのコントロールができるようになります。効果抜群なので是非お試しください。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させている TQ (Teaching Quality) より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第59回:プロとアマの違い―飛距離と腰の回転―

2021.05.11

テクニック

第58回:GOLFTECの新機能「スキルチャレンジ」

2021.04.15

トピックス

第57回:あたりを良くする3つのヒント

2021.04.12

テクニック