第46回:自宅でできる練習ドリル

重要なのは適正なストロークの大きさ

今回は自宅で過ごす時間が増えた今、どのご家庭にもあるものを使って、簡単にできる練習ドリルをご紹介します。まずは、台所から「フライ返し」を持ってきてください。

多くのゴルファーはインパクト時に手首が右の画像のようになってしまっています。
つまり、「フライ返し」も手首もターゲット側に曲がってしまっています。
こうなると当たりが不安定になり、仮に当たったとしてもスライス系の球になってしまう可能性が高いです。

そこで、右の画像のように「フライ返し」が手首の内側に沿っている状態にしましょう。
このように手首を使うことができるようになれば、当たりも良くなり、ボールスピードが速く、捕まったショットが打てるようになります。

「こんなことで本当に練習になるの?」と思った方もいるかもしれませんが、ゴルフは練習場で打っている時だけではなく、自宅で過ごしている時でも上達できるものです。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させている TQ (Teaching Quality) より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第59回:プロとアマの違い―飛距離と腰の回転―

2021.05.11

テクニック

第58回:GOLFTECの新機能「スキルチャレンジ」

2021.04.15

トピックス

第57回:あたりを良くする3つのヒント

2021.04.12

テクニック