第35回:パッティングの距離感をつかむには?

距離を変えて打つことによって、距離感がつかみやすくなります。

今回はパターの練習方法をご紹介します。
パターを打ってピンから2m以上離れてしまう人や3パットでお悩みの方にぴったりの練習法です。この練習方法では3つの距離から打つことによって、スピードコントロールを身に着けることができます。

ボール3球とマーカー、そしてパターを用意してください。そして、ターゲットとする位置にマーカーを置きます。

まず、マーカー(ターゲット)から2ヤード離れ、最初の1球目はマーカーより15cm先に打ち、2球目はマーカーの15cm手前に止まるように打ちます。そして、3球目はマーカーに止まるように打ちます。3球とも狙った位置に止まるまで、何度も練習を繰り返しましょう。

2ヤードでできるようになったら、今度はマーカーから4ヤード離れましょう。最初はマーカーより30cm先に打ち、2球目はマーカーの30cm手前に止まるように打ちます。そして、3球目はマーカーに止まるように打ちましょう。

4ヤードもできるようになったら、今度は8ヤード離れてみましょう。そして1球目はマーカーより60cm先に止まるように打ち、2球目は60cm手前に止まるように打ちます。最後に3球目はマーカーに止まるように打ちましょう。8ヤードからもできるようになったら、パターの距離感がつかめるようになってきています。

下の動画では、先程のパター練習方法を詳しく説明しているので、是非ご覧ください。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、TQ(Teaching Quality) と呼ばれる、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させているチーム より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第64回:3つのドリルでパッティングを改善

2021.07.29

テクニック

第63回:スライスになる理由を卓球のラケットとボールを使ってイメージしてみましょう

2021.07.08

テクニック

ミタナラバコウタロウ~100切り応援企画―ドライバー編

2021.06.30

イクイップメント(用品)