第23回:深いラフからのアプローチ

バウンスを利用してグリーンに乗せよう

フェアウェイよりもむしろ打ちやすいラフもあれば、ボールが見つからないほどの手強いラフもありますね。
今回は深いラフからのアプローチショットについてです。

このような状況下では、バンカーショットの時のようにバウンスを利用する、ということがポイントです。
バウンスとはリーディングエッジからソール後方に向かって付いている角度のことです。

狙いはグリーンの中央です。決して「バンカーを越えたところギリギリに落とそう」と思ってはいけません。成功すれば良いですが、成功しないとダブルボギー以上になる可能性が高くなります。
狙い方一つでスコアは大きく変わってくるものです。
また、アドレスの仕方や打ち方にも一工夫入れると成功確率が上がります。

動画をご覧いただき、ラフ対策を覚えましょう。

詳しく聞きたい場合はGOLFTECコーチにご相談ください。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、TQ(Teaching Quality) と呼ばれる、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させているチーム より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第64回:3つのドリルでパッティングを改善

2021.07.29

テクニック

第63回:スライスになる理由を卓球のラケットとボールを使ってイメージしてみましょう

2021.07.08

テクニック

ミタナラバコウタロウ~100切り応援企画―ドライバー編

2021.06.30

イクイップメント(用品)