第11回:グリーンまわりのテクニック

弾道の高さを打ち分けよう

あなたのグリーンまわりのテクニックはワンパターンになっていませんか?
ライ、傾斜、グリーンの硬さ、ピンの位置などが毎回異なるグリーンまわりの状況に対応できていますか?

もし、低めに打ってランが出るショットしか打てなかったら、、、砲台グリーンでエッジからピンが近い、しかも手前は深めのラフ、という状況には対応できません。
しっかりとパーセーブする、ダブルボギーになりそうなところをボギーで凌ぐ、あるいはトリプルになりそうな時に、、、、など、ショートゲームの重要性は皆様よくおわかりだと思います。

下記のビデオでBradは、アドレスのグリップの位置を変えることで弾道の高さをコントロールする方法を説明しています。ショートゲームの上達はショットの上達にも繋がりますので、しっかり練習して自信をつけたいですね。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、TQ(Teaching Quality) と呼ばれる、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させているチーム より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第76回:パッティングの軌道を改善しましょう

2022.01.25

テクニック

ミタナラバコウタロウ ~ 影響を受けたプロゴルファー

2022.01.20

トピックス

ミタナラバコウタロウ ~ ユーティリティのススメ

2022.01.18

イクイップメント(用品)