第10回:手首の役割を知ろう

2019.11.22

テクニック

動画

とても重要なスイング中の手首の使い方

今回は、上手に打てるようになるためにとても重要な、スイング中の手首の使い方についてです。
手首の使い方・曲げ方はクラブフェースの向きに直結するので、ショットの方向性や飛距離に直接影響します。しかし、多くのゴルファーは手首の重要性を認識していません。 例えば、手首に問題があるのに、来る日も来る日も体の回転ばかり練習していたとして、そのゴルファーは上手に狙った方向に打てるようになるでしょうか?
答えは火を見るよりも明らかです。

初心者の方やスライスに悩む方に多く見られるのが、左手首が甲側に折れる動きです。
逆に、上級者は甲側には折りませんし、むしろ手のひら側に折れる方もいます。
世界ランキングNo.1(2018年2月現在)のDustin Johnson選手が好例ですね。
スライスに悩む方は、下記ビデオのBradのアドバイスを試してみましょう。

手首の使い方についてもっと詳しく聞きたい場合は、GOLFTECのコーチにご相談ください。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させている TQ (Teaching Quality) より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第49回:高く上げてピタッと止まるアプローチを打ちましょう

2020.11.26

テクニック

第48回:プロのように飛ばすために

2020.11.16

テクニック

第47回:アゴの高いバンカーからの脱出方法

2020.10.30

テクニック