第9回:木に当てたことありませんか?

2019.11.22

テクニック

動画

トラブル状態を悪化させないための工夫

林からの脱出時、あるいはフェアウェイセンターで目の前に立ちはだかる木にボールを当てたことはありますか?もしかして何度もありますかね?アインシュタインは、「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という」と言いました。これはゴルフに限ったことではないですね。
いつも狭い木と木の間を狙ったり、少しでもグリーンに近づけようとして無理をしていませんか?
そのようなギャンブルショットは今日からやめましょう。

以下のビデオでPatrickは、スコアを縮めるための少しの工夫を話していますが、理解すべき最も大切なことは、「危険を冒して思い切ってチャレンジしてみよう」という考えが、あなたのスコアを崩している大きな要因である、ということです。つまり、安全第一。
さあ、それを受け入れられたら、あなたは少しの工夫をもってトラブルショットに臨むだけでいいのです。
これでもう1ホールの大叩きをしなくなりますね。

GOLFTEC SCRAMBLEとは・・
SCRAMBLEではゴルフのテクニックや練習ドリル、話題のゴルフギア、最新のゴルフニュース等をお届けしていきます。

記事は、TQ(Teaching Quality) と呼ばれる、ゴルフテックでレッスンクオリティを管理・向上させているチーム より発信しています。

関連コンテンツRELATION

第64回:3つのドリルでパッティングを改善

2021.07.29

テクニック

第63回:スライスになる理由を卓球のラケットとボールを使ってイメージしてみましょう

2021.07.08

テクニック

ミタナラバコウタロウ~100切り応援企画―ドライバー編

2021.06.30

イクイップメント(用品)