初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第45回:絶対にショートしないパッティング

Putting Speed Control Alternating Distances

練習ドリルを取り入れて絶対にショートしないタッチを身に付けましょう。

「Never up never in(届かなければ入らない。)」はゴルファーなら誰もが知っているゴルフの格言です。
たしかに、ボールがカップまで届かなければ絶対にカップインすることはありません。
3m以内のパットで、あなたはショート(カップに届かない)せずに、しっかりと打つことができていますか?カップの真横に止まってしまうのも、ショートと言ってもよいでしょう。
打つ力が弱いとボールは曲がってしまうので、カップイン率は下がってしまいます。
プロゴルファー達は基本的にカップを少しオーバーするように打っています。
では、プロゴルファーはどのように打っているのでしょうか?
ショートしてしまう人と何が違うのでしょうか?
今回はGOLFTECのZachがご紹介していきます。

重要なのは適正なストロークの大きさ

ショートしてしまうゴルファーは、ストロークの大きさが足りていません。
かといって、力を入れてダウンスイングを急加速させてしまうのはよくありません。
そこで、Zachが紹介するドリル動画をご覧ください。
用意するものは、パターとボール3個だけです。
カップから3m離れたところにボールを置き、残り2つのボールを30cmほど離して、最初に置いたボールの両側に置きます。この2つのボール幅と、バックスイングとフォロースルーの幅を合わせるようにしてください。

この練習ドリルをすることで、無理に強く打たなくても自然とカップに届くストロークが身につきます。
このドリルに関してさらに詳しく知りたいという方は、是非GOLFTECのコーチにご相談ください。

コーチ紹介

中村 晃文 Akifumi Nakamura TQ(Teaching Quality) チーム所属

中村 晃文
Akifumi Nakamura(Manager)
TQ(Teaching Quality)チーム所属

TQ(ティーチングクオリティー)チームとして、コーチ研修をはじめとして、USゴルフテックとの連携や最新情報の導入、クラブフィッティングといった、ゴルフテックコーチのレッスンクオリティを向上する取り組みを担当。”事実に基づいたインストラクション”がモットー。

記事一覧

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む