初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第38回:チップショットとピッチショットの
違いとは?

Chipping vs. Pitching: Technique Differentiators

ショートゲームの基本となるチップショットとピッチショットの違いを理解しましょう。

ゴルフ歴が浅い方にとってはチップショットもピッチショットも一見同じように見えるかもしれませんが、どちらもショートゲームの基本であり、スコアをまとめるために重要なものなのです。

しかし多くのゴルファーはこの2つのショットの違いを理解しておらず、ワンパターンの打ち方で対応するため、グリーンまわりでのショット数が増えてしまいます。
そこで、今回はその2つの違いについてお話しします。

チップショットとピッチショット
チップショットはキャリーよりランが多いショットのことです。ボールを高く上げるのではなく、グリーンに沿って転がすようなイメージです。このショットはグリーンまであと数ヤードという時によく使われます。基本的に打ち方(振り幅)はピッチショットよりも小さいです。

一方、ピッチショットはランよりキャリーが多いショットのことであり、弾道は高めでバックスピンも多く、グリーンに着地してからすぐに止まります。
このショットはチップショットの時よりもグリーンから離れたところから使われます。
打ち方(振り幅)はチップショットよりも大きいです。

チップショット
まずはアドレスを覚えましょう。スタンスは腰幅より狭くして体重配分は左に80%です。ボールは右足の内側の前、グリップ位置は左腿内側の前です。ハンドファーストを無理に作る必要はありません。
そしてボールに近づいて立ち、ややハンドアップにします。
使用クラブはウェッジでも良いですが、チップショットの状況ではロフトの少ない8番アイアンや9番アイアンの方が易しいでしょう。

ピッチショット
スタンスは腰幅にして体重配分は左右均等または若干左にしましょう。
ボールはスタンスの中央かやや前方、グリップ位置は体の中央か若干のハンドファーストの位置です。

インパクトの違いは?

インパクトにも若干の違いがあります。
チップショットはクラブヘッドがボールに当たってから地面に当たりますが、ピッチショットはそれと比べるとクラブヘッドがボールと地面に当たるタイミングが近いです。
この違いを簡単に説明すると、ボール位置と体重配分の違いにより、チップショットはクラブヘッド軌道の最下点の手前、ピッチショットは最下点の近くで打つようになるからです。
チップショットはインパクトでロフトが立つためボールは低く打ち出されバックスピンも少ないので、キャリーよりもランが多くなります。
一方、ピッチショットはインパクトでロフトが多い状態になるため、ボールは高めでバックスピンも増えます。

チップショットとピッチショットの違いは理解できましたか?
もっと詳しく聞きたい場合はGOLFTECのコーチにご相談ください。

コーチ紹介

中村 晃文 Akifumi Nakamura TQ(Teaching Quality) チーム所属

中村 晃文
Akifumi Nakamura(Manager)
TQ(Teaching Quality)チーム所属

TQ(ティーチングクオリティー)チームとして、コーチ研修をはじめとして、USゴルフテックとの連携や最新情報の導入、クラブフィッティングといった、ゴルフテックコーチのレッスンクオリティを向上する取り組みを担当。”事実に基づいたインストラクション”がモットー。

記事一覧

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む