初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第34回:よく見られるチップショットの違い

Pre-Round Putting Warm Up

チップショットの悩みを解決するために、まずはアドレスの仕方を習得しましょう。

チップショットは簡単そうに見えますが、実際にやってみると上手くいかないことがあります。チップショットが上手くできれば、スコアが良くなるのに…とお悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
チップショットでボールがどこに飛ぶのか。そして、パーセーブ率を上げるにはどうしたら良いかを説明していきます。

最初に正しいアドレスを習得しましょう。
アドレスを修正するとゴルフの様々な悩みを解決できるかもしれません。
多くのゴルファーはチップショットを打つ時にボールを右側に置きすぎて、グリップエンドがターゲット方向に傾き過ぎています。

ダフってボールが飛ばなかったり、トップしてグリーンを超えてしまうのはこれらが原因です。
チップショットでダフったり、トップをしてしまう人は、ボールを左足寄りに置いて、シャフトを立ててみましょう。
最初は慣れず、違和感があるかもしれませんが、我慢して練習を続ければ、クラブヘッドのバウンスをつかえるようになり、大きなミスショットを減らすことができます。

弾道のコントロール方法

続いて、弾道のコントロールの仕方について習得しましょう。
チップショットのアドレスがコンスタントにできるとショートゲームやグリーン周りでのプレーが上達します。
ショットの弾道を高くしたい場合にはグリップエンドをできるだけ体に近づけてフォロースルーをしてください。左手首が折れてロフトを寝かせることができます。ロフトを寝かせることにより、高いチップショットを打てるようになります。

そして、低い弾道にしたい場合は、反対にグリップエンドを体から離してフォロースルーにしてください。
そうすると低い弾道になります。

下の動画では、GOLFTECのBradがグリーン周りで使える、様々なチップショットを紹介しています。アドレスをマスターしたら、ショートゲームも上達しますよ。

コーチ紹介

中村 晃文 Akifumi Nakamura TQ(Teaching Quality) チーム所属

中村 晃文
Akifumi Nakamura(Manager)
TQ(Teaching Quality)チーム所属

TQ(ティーチングクオリティー)チームとして、コーチ研修をはじめとして、USゴルフテックとの連携や最新情報の導入、クラブフィッティングといった、ゴルフテックコーチのレッスンクオリティを向上する取り組みを担当。”事実に基づいたインストラクション”がモットー。

記事一覧

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む