初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第30回:ダフリとトップを改善するヒント

Pre-Round Putting Warm Up

スイングの最下点の改善

ディボット(芝)がボールと同じように飛んでしまうことは、気分が良いものではありません。反対に、トップするとグリーンの上をボールが飛び跳ねて、遠くまで転がってしまいます。
実際、どちらのショットも楽しいものではありません。さらに、良いスコアにはつながりません。
ですので、どちらかのミスが出てしまったら、本質的な問題を理解することが重要です。それは、ボールへの適切なコンタクトが欠けているという事実です。

この状態では、クラブヘッドがボールに当たる前に、地面に当たってしまっています。結果として、ダフリもトップも起きてしまいます。

コンタクトを改善するために、身体とグリップエンドを調整しましょう。
安定したボールへのコンタクトを作るために、GOLFTECのザックは、アドレスで実施しやすい調整方法をご紹介します。
それは、腰とグリップエンドを、ターゲット方向に移動させることです。
もちろん、Scrambleにアップされている他のアドバイスと同じように、この修正は、スイングを完全に直すことを意図していません。人生を通して上達を維持するには、GOLFTECコーチにご相談ください。
ですが、もし常にダフリやトップで悩んでいるようであれば、この調整をアドレスで実施することが、これらのミスを減らすことに役立つはずです。やってみてください。

コーチ紹介

中村 晃文 Akifumi Nakamura TQ(Teaching Quality) チーム所属

中村 晃文
Akifumi Nakamura(Manager)
TQ(Teaching Quality)チーム所属

TQ(ティーチングクオリティー)チームとして、コーチ研修をはじめとして、USゴルフテックとの連携や最新情報の導入、クラブフィッティングといった、ゴルフテックコーチのレッスンクオリティを向上する取り組みを担当。”事実に基づいたインストラクション”がモットー。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む