初回
スイング
診断

初回スイング診断
ゴルフテックのレッスンを
体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第24回:前傾姿勢の維持

Looking to add distance? Start with shoulder turn

肩の傾きを意識する

安定したショットを打ちたいですか?
もちろんですよね。

ゴルフではよく「前傾姿勢を保つ」という言葉が使われますが、ゴルフテックのSwing TRU Motion Studyでは、それが数値化されていて、且つ、上手なゴルファーとそうでないゴルファーの違いが明確になっています。

トップの位置で、プロゴルファーは平均して36度の肩の傾きがあります。一方、ハンディキャップ30のゴルファーは29度以下です。

肩は地面と水平にまわすものだと思っている方や、バックスイングは腕を上げるものだと思っている方は要注意です。きっと正しい肩の傾きが作れていないはずです。
つまり、スイング中の前傾姿勢を正しく保てていない、ということです。
それにより、練習しても練習してもダフリやトップのミスが出てしまう、という可能性が高いです。

ビデオでBradが説明している通り、まずは小さめのスイングから始めましょう。
肩の傾きについて詳しく聞きたい場合はGOLFTECコーチにご相談ください。

コーチ紹介

ザック シュナー Zachary Schnurr TQ(Teaching Quality) チーム所属

ザック シュナー
Zachary Schnurr
TQ(Teaching Quality)チーム所属

カナダ・アメリカでツアープロとして活躍後、カナダのGOLFTECでレッスンを開始し、2016年に来日。レッスン活動、アメリカGOLFTECとの連携や情報展開、そして日本のコーチ陣のスキルアップに精を出す日本を愛するカナダ人コーチ。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む