初回
スイング
診断

初回スイング診断
ゴルフテックのレッスンを
体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第23回:深いラフからのアプローチ

Dwaw the golf ball with proper wrist hinge and hip turn

バウンスを利用してグリーンに乗せよう

フェアウェイよりもむしろ打ちやすいラフもあれば、ボールが見つからないほどの手強いラフもありますね。
今回は深いラフからのアプローチショットについてです。

このような状況下では、バンカーショットの時のようにバウンスを利用する、ということがポイントです。
バウンスとはリーディングエッジからソール後方に向かって付いている角度のことです。

狙いはグリーンの中央です。決して「バンカーを越えたところギリギリに落とそう」と思ってはいけません。成功すれば良いですが、成功しないとダブルボギー以上になる可能性が高くなります。
狙い方一つでスコアは大きく変わってくるものです。
また、アドレスの仕方や打ち方にも一工夫入れると成功確率が上がります。

動画をご覧いただき、ラフ対策を覚えましょう。

詳しく聞きたい場合はGOLFTECコーチにご相談ください。

コーチ紹介

渡辺 隆介 Ryusuke Watanabe TQ(Teaching Quality) チーム所属

渡辺 隆介
Ryusuke Watanabe
TQ(Teaching Quality)チーム所属

2016年4月よりTQ(ティーチングクオリティー)チームに参画。アメリカでのGTU研修受講を経て、主にアメリカと日本のGOLFTECの連携や情報展開を担当。2014年より3年連続で全世界のゴルフテック年間レッスン数Top5に、2016年には世界一となりその名を轟かせた。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む