初回
スイング
診断

初回スイング診断
ゴルフテックのレッスンを
体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第20回:飛ばし方の事実

Looking to add distance? Start with shoulder turn

あなたの回転量は?

GOLFTECの門を叩いてくる多くのゴルファーが「もっと飛ばしたい」と思っていることには何の不思議もありません。
結局のところ、全てのクラブで最大飛距離が出せるということに満足感を感じるものなのかもしれませんね。

ゴルフテックのコーチは事実を参考にして効果的な改善を行い、多くのゴルファーの飛距離を伸ばしています。
その事実とは、、、
ゴルフテックのSwing TRU Motion Study(35,000人のゴルファーのスイングデータ)から導き出された、「上手なゴルファーはそうでないゴルファーよりもバックスイングで肩の回転が多い」ということです。

しかし、世の中には、飛距離アップのために肩の回転を増やす具体的な方法はあまり見当たりませんし、実際には多くのゴルファーは逆のことをしてしまっている、つまり腰の回転を制限することで肩の回転も制限してしまっていることが多いのです。

そうすれば飛距離が伸ばせると思ってしまっているのです。
また、「体が硬いから大きなバックスイングはできない。そんなには飛ばせない」と諦めてしまっているゴルファーもいますが、実は正しく理解することで、そのような考えは間違いであることに気づきます。

今回の動画ではNickとPatrickが「回転の考え方」「上半身の位置」について話します。

詳しく聞きたい場合はGOLFTECのコーチにご相談ください。

コーチ紹介

ザック シュナー Zachary Schnurr TQ(Teaching Quality) チーム所属

ザック シュナー
Zachary Schnurr
TQ(Teaching Quality)チーム所属

カナダ・アメリカでツアープロとして活躍後、カナダのGOLFTECでレッスンを開始し、2016年に来日。レッスン活動、アメリカGOLFTECとの連携や情報展開、そして日本のコーチ陣のスキルアップに精を出す日本を愛するカナダ人コーチ。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む