初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第11回:グリーンまわりのテクニック

Vary pitch shot trajectory by adjusting your setup

弾道の高さを打ち分けよう

あなたのグリーンまわりのテクニックはワンパターンになっていませんか?
ライ、傾斜、グリーンの硬さ、ピンの位置などが毎回異なるグリーンまわりの状況に対応できていますか?

もし、低めに打ってランが出るショットしか打てなかったら、、、砲台グリーンでエッジからピンが近い、しかも手前は深めのラフ、という状況には対応できません。
しっかりとパーセーブする、ダブルボギーになりそうなところをボギーで凌ぐ、あるいはトリプルになりそうな時に、、、、など、ショートゲームの重要性は皆様よくおわかりだと思います。
下記のビデオでBradは、アドレスのグリップの位置を変えることで弾道の高さをコントロールする方法を説明しています。
ショートゲームの上達はショットの上達にも繋がりますので、しっかり練習して自信をつけたいですね。

ショートゲームに関して詳しく聞きたい場合はGOLFTECのコーチにご相談ください。

コーチ紹介

渡辺 隆介 Ryusuke Watanabe TQ(Teaching Quality) チーム所属

渡辺 隆介
Ryusuke Watanabe
TQ(Teaching Quality)チーム所属

2016年4月よりTQ(ティーチングクオリティー)チームに参画。アメリカでのGTU研修受講を経て、主にアメリカと日本のGOLFTECの連携や情報展開を担当。2014年より3年連続で全世界のゴルフテック年間レッスン数Top5に、2016年には世界一となりその名を轟かせた。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む