初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第4回:トップの上げすぎを直したい

Heavy Lifting The Towel Drill for turn instead of lift

タオルを使って、腕の上がりすぎを抑える

もしあなたがスライス系のショットを打っていたり、当たりが不安定で、過去に「トップで腕(クラブ)を上げすぎでは?」と言われたことがある、あるいはトップでクラブヘッドが視界の左側に見えるようなら、このドリルは最適なものとなります。
Brad Skupakaが以下のビデオで説明するように、練習時に両脇にタオルを挟むことによって、バックスイングで腕やクラブを上に上げすぎることなく、適度にインサイドにする(深くする)ことができるようになります。

実はこの練習は腕の位置を良くするだけでなく、より大きく肩を回転させることにもなり、力強いドロー系のショットを生み出すインサイドアウトのクラブ軌道を促進することになるのです。
腕やクラブが上がりすぎる方は、タオルを使い、左の写真のスイングイメージではなく、右の写真のスイングイメージを持ち、バックスイングは「上げる」ものではなく、「回転」するものだと体に覚えこませましょう。
このドリルに関して詳しく聞きたい場合は、GOLFTECのコーチにご相談ください。

コーチ紹介

ザック シュナー Zachary Schnurr TQ(Teaching Quality) チーム所属

ザック シュナー
Zachary Schnurr
TQ(Teaching Quality)チーム所属

カナダ・アメリカでツアープロとして活躍後、カナダのGOLFTECでレッスンを開始し、2016年に来日。レッスン活動、アメリカGOLFTECとの連携や情報展開、そして日本のコーチ陣のスキルアップに精を出す日本を愛するカナダ人コーチ。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む