初回スイング診断
ゴルフテックのレッスン
を体験してください

GOLFTEC SCRAMBLE

ゴルフテックのレッスンを特別に一部ご紹介
ギアやアメリカでのゴルフ最新情報もご紹介していきますので、
ゴルフ好きの皆さまは 要チェックです。

第2回:ボールポジション

Golf Basics: Ensuring proper address ball position

安定して良いショットを打つため、
基本となるボールポジションを覚えましょう

ゴルフはとても複雑で奥が深く、一筋縄ではいかないスポーツですね。
時には挫けそうになったり、諦めかけることもあると思いますが、あのナイスショットの感覚をまた味わいたくて、何度も何度もチャレンジさせてくれる、なんとも不思議なスポーツです。
そんな中、ゴルファーの皆様が比較的容易に実行でき、容易に確認することができる基本があります。それは、アドレスでのボールポジションです。ボールポジションに基準を作ることでショットの再現性を高めることができます。

このビデオで説明しているのは、アメリカGOLFTECのTQチームのメンバーで、World Long Driveで432ヤード飛ばしたことがあるBrad Skupakaです。Bradがドライバー以外のクラブのボールポジションと、ドライバーの時のボールポジションを決めるためにクラブヘッドを使うドリルを紹介します。
とてもシンプルなものですが、とても大切です。
動画の中に出てくる線のように、クラブやスティックを地面に置いて確認するのも良いですね。
ただし、傾斜やライによって少し変えたり、どのようなショットを打ちたいかによっても変えることがありますので、詳しくはゴルフテックコーチにご相談ください。

コーチ紹介

三浦 隆一 Ryuichi MiuraTQ(Teaching Quality) チーム所属

三浦 隆一
Ryuichi Miura
TQ(Teaching Quality)チーム所属

六本木スタジオにてお客様へのレッスンを行うとともに、TQ(ティーチングクオリティー)チームにて、ゴルフテックの理論をコーチへ伝える「”コーチ”の先生」として主に、新人コーチの教育を担当。

今すぐ「初回スイング診断」を申し込む